スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なちょん@がんばれない

父の入院やら、祖母の入院やらでバタバタして、なんやかんやで、約1ヶ月半出ずっぱり。
ようやくそんな生活に終わりが!
祖母が退院した。

でも、出ずっぱりの反動なのか、部屋から出たくない病 発症。
何にもしたくないし、ただただ寝ていたい。
眠い、だるいのはリフレックスのせい?もあるかと思うけど…。
母が食品の買い出し付き合ってと言われるけど、正直めんどう。

だって、自分の病院に行くことすら出来ないのに。
病院は本当に行かなきゃマズイ。
薬がなくなるのはもちろん、自立支援の更新書類提出してないから、行かなきゃならない。
でも、どぉーしても行けない。

こんな状態だったから、祖母が退院してからほとんど引きこもり状態だった。
家族ともまともに顔を合わせてなかった。
今日、久しぶりに祖母とバッタリ出くわしたら、祖母が
「あら、なちょんちゃん、しばらく姿が見えないと思ったら…(微妙な間)どうしたかと思った」

祖母も“一応”入院前後、お世話になった自覚があるのとしばらく通院するのに私が運転するから、
少し気を使ったみたいで、比較的ソフトな言い回しだったけど、私には

『しばらく姿が見えないから、居るのか、居ないのか分からない。全く家の事1つもしないで、何やってんだか。自分がなちょんくらいの頃は、子供2人抱えてよっぱら働いたものなのに。働きもしない、結婚もしない。全く厄介者だ』

これが本心なんじゃないかな。
中学くらいから「自分は学校にろくに行けなかった。」とか「○○(←自分の娘)は中学卒業してすぐ働きに出たんだ。あれもよっぱら、働いている」等々
自分がいかに苦労していたか、を朗々と語る。

苦労したのは分かるけど、働いてない私にしてみれば、嫌味以外の何物でもない。
まぁ、嫌味で言ってるんだろうけど。
祖母のそう言う話聞くとなんか「お前はダメ人間だな。」と言われてる気がしてならない。

それと祖母の入院中、手術前の待合室みたいなところで、自分の娘に
「ここの看護婦さんたちは皆細いね。なちょんみたいに太ってる人、1人も居ないわ」

私は少し離れたところに座ってたから、聞こえないと思ったみたいですが、
ごめんなさい。私、あなたに似て地獄耳なんです。はっきり聞こえてますよー。

これは、すごく傷ついた。
自分でも、太ったって自覚あるし、なんとかして痩せなきゃって思ってます。
だから、間食止めて、甘いものひたすら我慢して、体調見ながらストレッチとか軽いものから運動しようと自分なりに計画する。
それでも、無性に食べたくなってなんでもいいから食べ物を口に入れたくて・・・
太るから食べたくないのに、食べたくて、食べたくて仕方なくて。
食べた後ものすごく後悔して、泣いてしまう。

そんな状態なのにこんな言葉言われたら、傷つく。
私も、一応人間で、耳聞こえるし、傷つくんです。
まだ、面と向かって「少し太ったんじゃない?」って言われた方が、まだマシ。
コソコソ言われるの、凄く辛い。

このときは、なんとか堪えて車の中で泣きました。

そんな祖母を今日、17日通院のために送迎しなくてはならない。


気が重い
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。